糖尿病は早期発見と対策が大切!のTOPに戻る

「糖尿病予備軍」と呼ばれる基準は?

一日の血糖値が平均的に高い人を総まとめにして糖尿病予備軍=プレ糖尿病=かくれ糖尿病と呼ばれています。

「糖尿病予備軍」と呼ばれた方の半数の人は、やがて2型糖尿病になりやすく、また「予備軍」と言われてから10年以上改善出来なかった場合、ほぼ全員が2型糖尿病になると言われています。

ですから、メタボとか糖尿病予備軍と言われ時点で諦めずに、それまでの生活習慣を改善すればその状態から脱出することも可能なのです。

厚生労働省の平成19年国民健康・栄養調査によると、糖尿病の可能性が否定できない人(予備軍)は約1320万人+糖尿病が強く疑われる人は約890万人=約2210万人と推定されています。

そして、その糖尿病予備軍の中で男性の場合、40代11%、50代16.7%、女性の場合、40代10.4%、50代20.8%占めています。

厚生労働省の疫学調査では、過去2ヵ月の平均血糖値を示すヘモグロビンA1C(エー・ワン・シー)が使われていますが、「糖尿病の可能性を否定できない人=糖尿予備軍」のA1Cは5.6%以上〜6.1%未満となっており、これを推定平均血糖値(eAG)にすると、概算で122mg/dl以上〜137mg/dl未満になります。

健常人の早朝空腹時血糖は、おおよそ100mg/dl以下ですから、やはり予備軍は危険ゾーンと言えますね。

border=
また、医師による糖尿病予備軍(境界型)の判定には、肥満度や生活習慣、糖尿病の家族歴などの要素を加えた上で、空腹時血糖値や75g経口ブドウ糖負荷試験(75gOGTT)等の結果をみて判断されます。

空腹時血糖値110mg/dl以上〜125mg/dl未満、或いは75gOGTT 2時間値140〜199mg/dlが「糖尿病予備軍」に該当します。

そして、糖尿病予備軍の中には、糖尿病発症過程の方や糖尿病の高血糖値が改善過程にある方達も入り混じって存在しているので、まだ「予備軍だから安心!」と思わずに、医師とよく相談し、しっかりとセルフコントロールして健康を取り戻しましょう。

※糖尿予備軍でも動脈硬化性の病気になる可能性がありますので、生活習慣の改善、高血圧や脂質異常症の改善も必要になります。
・動脈硬化とは、動脈壁が弾力を失ってもろくなった状態を指し、老化現象の一つで、高血圧症・肥満症・糖尿病などがこれを促進し、血流障害・血栓形成・出血などを引き起こす可能性が高い。

関連コンテンツ

「糖尿予備軍」と言われていませんか?

糖尿病を発症する一歩前の状態の方達を「プレ糖尿病」「糖尿病予備軍」「かくれ糖尿病」等と呼ばれています。 厚生労働省の「2007年国民健康・栄養調査」によると、糖尿病が強く疑われる人やこの病気の可・・・