新型インフルエンザから身を守る予防と対策のTOPに戻る

漢方で色々な症状を初期段階で沈静化!

風邪やインフルエンザを区別するのは、実はお医者さんでも難しいようで、しかも季節性インフルエンザと新型インフルエンザの違いは医学的にもまだ解明されていないようですよ。

でも、ウイルスが人の体に感染すると、大きく分けて2通りの初期症状が表われます。
≪体温の高低に関係なく、2通りの初期症状≫
‖里亡┐韻して、首の後ろやうなじあたりが凝って、節々が痛く、発熱がある。
寒気はそれほどないが、体が火照っていると感じ、それに伴って喉の痛みや頭痛など首から上の症状が強い。

このように、漢方ではそれらの症状に応じて、寒いと感じるなら体を温めて治す治療と火照りを感じるなら体を冷やして直す治療などで、風邪、新型や季節性を問わず、その症状を初期段階で沈静化させるものなのです。

≪症状に応じて漢方を使い分ける≫
葛根湯(かっこんとう):自然発汗がない・頭痛・発熱・悪寒・肩こり等の諸症状に有効。

麻黄湯(まおうとう):寒気・発熱・頭痛・体の節々が痛いなどの感冒に有効。

border=
銀ギョウ散(ぎんぎょうさん):急な熱・喉の痛み・渇き・咳・頭痛等の諸症状に有効。
成分の中に金銀花、連ギョウという生薬には昔から抗ウイルス効果があると言われており、少し前に世界を震撼させた「SARS」が発生した時中国政府が治療薬のひとつとして効果を発揮した漢方薬です。

カコナール:発熱・寒気・頭痛・鼻水・喉の痛みなど風邪の初期の諸症状に有効。

◆体に寒気を感じ、汗が出ずに関節痛を感じた場合には、麻黄湯を服用し、また、寒気を感じながらも首の後ろがすごく凝り、そこを温めたら楽になるような場合は葛根湯を服用してみて下さい。

◆体に火照りを感じたり、喉に痛みがある時や口の渇きが強く冷たい物が飲みたいという場合には、体を冷やして治療する銀ギョウ散を服用してみて下さい。

※寒気を感じたら葛根湯や麻黄湯、火照りを感じたら銀ギョウ散を服用しますが、葛根湯や間黄湯を服用し、後から汗が出るようになったら服用はやめて下さい。

また、服用後でも喉が腫れて熱く痛んだり、火照りを感じるようになった場合は銀ギョウ散にチェンジしてみて下さい。

いざという時、漢方薬を常備しおけば家族もあなた自身も安心ですよね。
でも、重症の場合は医療機関へ受診して下さいね。

関連コンテンツ

新型インフルエンザに漢方でセルフケア

このところ猛威をふるっている新型インフルエンザですが、でも、気を付けなくてはいけないのは新型だけではなく、これからは季節性インフルエンザや風邪にも気を付ける必要があります。 うがいや手洗い、人混・・・

新型インフルエンザ対策◆マスクの正しい使用方法

マスクは自分に合ったもの選ぶのが大事で、これには大きく分けてプリーツタイプと立体型が有り、立体型の方がもれは少ないというデータもあるそうです。 ただ、普段マスクを使い慣れない人には、呼吸がしやす・・・

新型インフルエンザ対策◆飛沫感染予防にマスクを

新型インフルエンザの感染者が初めて確認された5月にはマスクを買い求める人が急増し、マスクが店頭から消える店が相次ぎました。 新型インフルエンザの本格的な流行を迎えた今、ウィルス感染予防の為にマス・・・

インフルエンザ対策にアロマを取り入れよう

普段アロマの香りを楽しむ時、多くの方はアロマ対応型加湿器を使っていると思いますが、インフルエンザ対策にアロマを取り入れる方法として、もちろんアロマ対応型加湿器もOKですが、他にも手軽にアロマを取り入れ・・・

新型インフルエンザ対策◆アロマ効果?

女性に人気のあるアロマテラピーが、最近新型インフルエンザ対策としても注目を集めているようです。 ほのかな香りを漂せる癒しのアロマですが、昔からアロマに抗菌効果があると言われており、それが、今注目・・・

人気のある感染防止グッズ

新型インフルエンザ予防には、手洗いやうがいは当り前ですが、今、新型インフルエンの拡大に伴って、ウイルス対策に空気清浄機に人気があるようです。 空気清浄機には、1〜2畳タイプの卓上型からリビングや・・・

免疫力アップに食生活の改善&運動

≪食生活の改善≫ 体を内側から温めるには、こしょうや酢、特にショウガには消化器官のある体幹部を温めるのに効果があるので、すりおろしたショウガを朝食時のお茶やみそ汁、オレンジジュース、牛乳などにプラス・・・

新型インフルエンザ対策◆免疫力アップ

低温乾燥の季節を迎えれば、新型インフルエンザの抗体を持っている人はいないので、今のところ確実に感染を予防する方法はありませんが、しかしインフルエンザに限らず様々なウイルスに対する免疫力をアップすれば、・・・

新型インフルエンザ予防には

新型インフルエンザウイルスや、季節インフルエンザは、感染力が強いので、人混みで感染したり、家族からの二次感染や、看病中に感染して家族全員が寝込んでしまうことも十分に考えられます。 新型インフル・・・