新型インフルエンザから身を守る予防と対策のTOPに戻る

免疫力アップに食生活の改善&運動

食生活の改善
体を内側から温めるには、こしょうや酢、特にショウガには消化器官のある体幹部を温めるのに効果があるので、すりおろしたショウガを朝食時のお茶やみそ汁、オレンジジュース、牛乳などにプラスしましょう。

また、筋肉量を増やし、体温を上げるのに、アミノ酸の一種GABAを多く含んだ食材を摂取取すれば効果的です。

GABAは、成長ホルモンの分泌を高める働きが有り、この成長ホルモンが筋肉を増やして骨を作り、内臓脂肪を分解してくれます。

玄米やトマト、カボチャ、ジャガイモなどの食材に多く含まれており、さらに、ウイルスはのどや鼻から侵入してくるので、粘膜を強化する食材を食べれば感染予防につながります。

粘膜の細胞を守るピーマンやゴーや、ブロッコリーなどのビタミンCを多く含む食材と、細胞を新しく作るレバーやウナギ、納豆、牛乳、ニンニクなど、ビタミンB2を多く含む食材、また食物繊維に一種であるβーグルガンを多く含むキノコ類あります。

他の食材にも、サバやイワシ、サンマなどの青魚やシソ油などに多く含まれる、脂肪酸の一種、IPAやDHA、α-リノレン酸も、体の炎症を抑え、免疫機能を正常化する効果があります。

≪筋肉量アップに運動≫
筋肉量は毎日継続的に体を動かすことで増やすことができ、また、筋肉の7割が下半身にあるので、下半身を鍛える事が効果的です。

一番簡単なのが歩く事で、毎日30分〜1時間くらい歩くと良いですね。

でも、毎日運動をする時間のない人は、日常生活の中で出来る運動をしましょう。

例えば、外出時にひと駅前で歩いたり、エレベーターやエスカレーターを使わず、出来るだけ階段を使うなどしましょう。

但し、運動をすればいいというものではなく、きつい運動は逆に免疫力を低下させる恐れもあるので、無理のない程度の運動をするよう心掛けましょう。

他の免疫力アップ法
ニンニク注射で粘膜強化。
この注射は、粘膜を強化するビタミンCとBを血液中に直接入れるので、サプリメントや食べ物から摂取するより吸収が良いかもしれませんね。

また、ストレスを感じると免疫細胞の活動が低下しますので、逆に「笑い」が免疫細胞の作用を活性化させる事が最近の研究で分かっています。

関連コンテンツ

漢方で色々な症状を初期段階で沈静化!

風邪やインフルエンザを区別するのは、実はお医者さんでも難しいようで、しかも季節性インフルエンザと新型インフルエンザの違いは医学的にもまだ解明されていないようですよ。 でも、ウイルスが人の体に感染・・・

新型インフルエンザに漢方でセルフケア

このところ猛威をふるっている新型インフルエンザですが、でも、気を付けなくてはいけないのは新型だけではなく、これからは季節性インフルエンザや風邪にも気を付ける必要があります。 うがいや手洗い、人混・・・

新型インフルエンザ対策◆マスクの正しい使用方法

マスクは自分に合ったもの選ぶのが大事で、これには大きく分けてプリーツタイプと立体型が有り、立体型の方がもれは少ないというデータもあるそうです。 ただ、普段マスクを使い慣れない人には、呼吸がしやす・・・

新型インフルエンザ対策◆飛沫感染予防にマスクを

新型インフルエンザの感染者が初めて確認された5月にはマスクを買い求める人が急増し、マスクが店頭から消える店が相次ぎました。 新型インフルエンザの本格的な流行を迎えた今、ウィルス感染予防の為にマス・・・

インフルエンザ対策にアロマを取り入れよう

普段アロマの香りを楽しむ時、多くの方はアロマ対応型加湿器を使っていると思いますが、インフルエンザ対策にアロマを取り入れる方法として、もちろんアロマ対応型加湿器もOKですが、他にも手軽にアロマを取り入れ・・・

新型インフルエンザ対策◆アロマ効果?

女性に人気のあるアロマテラピーが、最近新型インフルエンザ対策としても注目を集めているようです。 ほのかな香りを漂せる癒しのアロマですが、昔からアロマに抗菌効果があると言われており、それが、今注目・・・

人気のある感染防止グッズ

新型インフルエンザ予防には、手洗いやうがいは当り前ですが、今、新型インフルエンの拡大に伴って、ウイルス対策に空気清浄機に人気があるようです。 空気清浄機には、1〜2畳タイプの卓上型からリビングや・・・

新型インフルエンザ対策◆免疫力アップ

低温乾燥の季節を迎えれば、新型インフルエンザの抗体を持っている人はいないので、今のところ確実に感染を予防する方法はありませんが、しかしインフルエンザに限らず様々なウイルスに対する免疫力をアップすれば、・・・

新型インフルエンザ予防には

新型インフルエンザウイルスや、季節インフルエンザは、感染力が強いので、人混みで感染したり、家族からの二次感染や、看病中に感染して家族全員が寝込んでしまうことも十分に考えられます。 新型インフル・・・