セリシンは、蚕の繭から生まれたシルクの重要な成分のひとつとして、シルクと密接な関係にあります。

border=
シルク(絹)は、多くの人達から長年にわたって優れた性能と安全性を支持されてきた貴重な素材で有り、そして今尚、シルクの滑らかな肌触りと快適な着心はみんなの憧れでもあるのですが、この「セリシン」が大きく関わっているのです。


つまり「セリシン」は繭から得られる安全な天然成分なのです。

そして、セリシンはお肌のもつ水分を角質層の中に閉じ込めておく働きのある天然保湿成分(NMF)の中でも、重要な潤い成分であるアミノ酸セリンをより多く含んでいるので保湿効果にも優れています。

天然保湿成分(NMF):人間自身がもともと持っている皮膚の保湿成分で自然(天然)保湿因子とも言い、主な成分にアミノ酸類・乳酸・尿素・クエン酸塩などで、いずれも水分を抱え込む力があります。

このためNMFは角質層、角質細胞の中に水分を吸収し、保持する働きを持ち、肌を瑞々しく保つという重要な役割を果たしています。

セリシン・ フィブロイン」の持つ効能・効果の知識を深め、その有効成分を利用してダイエット・美肌効果や老化・生活習慣病などの予防、体力増進・疲労回復効果等々をあなたも体験してみませんか。


カテゴリー

セリシンの解明とその特性
有効成分「セリシン」が解明された歴史やセリシンが持つ特有の優れた性質・機能が明らかになり、今では多くの分野で利用され、注目を集めています。
セリシンとアミノ酸
ヒトの身体を構成するタンパク質は、わずか20種類のアミノ酸から作られており、アミノ酸が不足すると、タンパク質が作られなくなり、様々な病気や老化が進む原因にもなります。
セリシンとフィブロイン
蚕の作る繭糸は、フィブロインという繊維状のタンパク質と、その外側を包み込んでいるセリシンというタンパク質の2種類で構成されています。 セリシンとフィブロインは、良質なタンパク質であると同時に、とても安全な物質で有り、またフィブロインはアレルギーの発生しにくい物質でもあります。
フィブロインが主成分◆シルクアミノ酸
絹の主成分である「フィブロイン」というタンパク質には、必須アミノ酸や非必須アミノ酸が多く含まれており、シルクアミノ酸はこの天然のシルク(絹)を使用しているので理想的なアミノ酸補給をする事ができます。
セリシン・フィブロイン配合化粧品
美肌を保つセリシン・フィブロインのアミノ酸には、コラーゲンやエラスチンの素材、天然保湿因子(NMF)の、紫外線カットするなどの働きがありますので、美しい肌をつくり、その美肌を維持する為にも、重要な栄養素としてアミノ酸含有の化粧品を体験されてみては如何でしょう。
様々に活用されているシルクセリシン
セリシンには、抗酸化作用・美肌(美白)作用・保湿作用が有り、セリシン石鹸以外にも、ローションや乳液・クリーム・クレンジング・パック・美容液・シャンプー・ヘヤ―パック・ボディーソープなど、すでにあらゆるスキンケア商品として商品化されていまが、セリシンから作られたセリシンパウダーで、あなただけの化粧水やヘアパック・フェイスパウダーなどが手作りできます。
「セリシンでヘアケア」
セリシンには、毛髪に近い天然のタンパク成分であるアミノ酸の一種セリンを豊富に含んでいるので、髪になじみやすいという特徴があります。