お正月の「おせち」を通販でお取り寄せ!のTOPに戻る

おせちの由来と歴史

おせち(御節)とは、御節供(おせちく)を略したもので、暦上の節目や季節の変わり目などにあたる節日に料理を神様にお供えしてお祝いする行事(節供、節句、節会)を指し、この時、作られるめでたい料理をおせち料理(節供料理)と呼ばれています。

おせちは中国が発祥の地と言われており、中国の唐の時代に1年を竹の節のように区切り、普段の人は異なる日(お盆、お正月)を設け、その日を節(せち)と言い、その後、日本でも節(せち)に習って、奈良時代頃から天皇の居所で、宮中行事である元日や五節供(五節句)などの節日に節供料理を振る舞うようになりました。

江戸時代後期には江戸の庶民がこの宮中行事を生活に取り入れ始めたのをきっかけに、全国的におせち料理の風習が広まり、またこのおせち料理が現在の形となったと言われています。

尚、「おせち」は本来お正月だけのものではありませんが、一年間に何度もある節日の中で正月が最も重要だったため、正月に頂くお料理を「おせち料理というようになり、また、おせちといえば正月料理を指すようになったということです。

border=
おせち料理には保存の効く料理が多いので、女性がお正月早々台所へ立つことなく、少しでも休めるよう配慮してくれたことから始まったと聞いていましたが、おせちの本来の意味は、こんな所からもきているのですね。

また、新しい年に神様にお供えした御節料理を、家族や親戚、友人と同じ料理を頂きながら供に祝い、その年の幸福を願う縁起物の料理でもあったのですね。

参考一つ一つの料理は、火を通したり干したり、あるいは酢に漬けたり味を濃くするなど、日持ちする物が多い。これは、火の神である荒神を怒らせないため、正月に台所で火を使うことを避けるという平安時代後期からの風習により、正月には台所仕事をしないからである。
実際には、女性を正月位は休ませるためという意味合いもあります。

節日:中国の暦で定められた季節の変わり目のことで、元日(1月1日)、五節句(人日:1月7日、上巳:3月3日、端午:5月5日、七夕:7月7日、重陽9月9日)があります。

節句(せっく):伝統的な年中行事を行う季節の節目(ふしめ)となる日で日本の文化・風習のことを指し、節供(せっく)ともいいます。

最近ではデパートやスーパーを始め通信販売などでも購入できるようになり、忙しい主婦もずいぶんと楽になりましたが、しかしその反面、昔からの風習を大切にし、手作りにこだわる家庭も多く、今もなお、おせち料理は日本の文化に根付いた伝統的な食文化として受け継がれています。

ところで、御節供(おせちく)をおせち料理と言われるようになったのは、一説に、昔からおせちは自宅で作るのが一般的でしたが、第二次世界大戦終戦後、デパートなどでおせちが販売されるようになり、この時、お節供(おせちく)料理から「く」を省略したおせち料理で販売されたと言われています。

関連コンテンツ

祝い箸の由来と新年にやってくる「神様」とは?

おせちの由来や意味合いを理解すると共に、おせちをいただく時に使われる、慶事用の「祝い箸」の由来もお作法のひとつとして覚えておかれると良いでしょう。 慶事用の祝い箸は柳の木で作られた白木の丸箸で、・・・

おせち料理で学ぶ「お箸」のお作法

おせち料理に限らず料理をいただく時に使う「お箸」へのこだわりは、日本人ならではのものです。 現在、日本・中国・台湾・シンガポール・ベトナム・タイ、ラオス・カンボジア・モンゴル・韓国・北朝鮮などの国と・・・

おせちを詰める重箱や品々にも意味がある!

おせち料理の詰め方や料理の組み合わせは、地域や家庭、しきたりなどによって様々ですが、各段の料理の数は、5種・7種・9種の吉数で詰めると縁起が良いとされています。 また、おせちの一品一品には、縁起・・・

おせちを詰める重箱のしきたり

新しい年を祝うおせちは神様への供物であり、その品々のひとつひとつに意味が込められていると同時に、おせち料理を詰める重箱にも「めでたさを重ねる」という意味で、縁起をついだものが詰められています。 ・・・