外反母趾で悩んでいる女性は、5人に1人、男性は100人に1人はいると言われていますが、しかし、痛みが出るまで外反母趾を認識しない人が、実はかなりおられるようです。

border=
それに、現に外反母趾が気になっている人でさえ、多少の痛みは我慢してでもお洒落な靴を履いている方や、また、外反母趾であるにもかかわらず、我慢できる間はついつい無理をされる方も多くいらっしゃるようですが、軽症のうちにケアを始めることが早期の改善にも繋がりますよ。

元来、人間の足は5〜10度程度、外側に反っているのが当たり前なのですが、外反母趾になると、足の親指(母趾)が、外側(小指側)に曲がり、指の基の関節(中足趾関節)が飛び出て、この親指の外反角度がひどくなると足が痛くて歩けなくなり、骨切と言われる外科手術が必要になる場合もあります。

尚、外反母趾の治療には、手術、装具療法、体操等の理学療法、テーピングなどがありますが、治療方法を選択する上で重要なのは、外反母趾の程度やその状態を正しく把握することです。

原因が分からないまま治療などを行っても、その原因が排除されない限り外反母趾症状の改善は見込めません。

進行を食い止め予防をするためにも原因の除去が最も大切な対策と言えるでしょう。

その為にも、整形外科や足の専門外来などの病院や医院で診察をして、医師や専門家のアドバイスを受けましょう。


カテゴリー

外反母趾とは?
普通は真っ直ぐなはずの足の親指が、指の基の関節が飛び出し、親指が小指側に曲がってくる疾患が「外反母趾」です。 外反母趾には、「単純型外反母趾」「開帳足型外反母趾」「バニオン型外反母趾」「病変性外反母趾」の4つのタイプがあります。
外反母趾◆原因&症状
外反母趾の原因には、先天性、或いは遺伝性、また足の指に外から加わる環境因子などが組み合わさっての発生や関節リウマチなどの病気で発生します。
外反母趾◆治療方法
外反母趾の治療には、人間の治癒能力により治療していく保存療法や、対症療法の薬物治療、手術療法等の方法があります。 外反母趾でお悩み方は、整形外科や足の専門外来などの病院や医院で診察をして、医師や専門家のアドバイスを受けましょう。
外反母趾◆予防&改善
外反母趾になる主な原因として、足の靭帯が弱くなってしまうことが挙げられており、さらに、それを助長しているのが靴だと言われていますので、靴選びがポイントになってくるのです。