border=

今、あなたは、毎日グッスリ寝れて爽快な朝を迎えていますか?
それとも、毎晩お布団の中で、快適な睡眠ができずに悶々としつつ、浅い眠りで目を覚まし、寝不足を感じられていますか?

もし、あなたが毎晩なかなか眠れないような状態が慢性的に続いていらっしゃるなら、睡眠障害の一種で「不眠症」という病気かもしれませんよ。

本来、「睡眠」は人間が生きていく上でも必要不可欠なことで、それがいつも満たされないということは、健康的な睡眠機能が損なわれてしまったとも考えられます。

それに、ただ不眠症といっても、不眠症の続く期間や症状によって、さまざまなタイプに分けられます。

現在では、国民の5人に1人の割合で不眠に悩んでいると言われており、特に、最近では20代から中高年まで、不眠で悩んでいる人の割合が高くなっているようです。

実際、人の健康に重要な役割を果たしているはずの”睡眠をとるという”当たり前の事が・・・

日々、不眠に悩んでいるに「不眠というだけでは病院に行きづらい」「睡眠薬は怖いし、習慣づくのでは、と思い不安を感じてしまう」「忙しくて、わざわざ病院へ行くのが面倒」などの理由から、特に対策をしていないのも現実のようです。

しかし、慢性的な不眠症を改善するためには、不眠の原因をはっきりさせることが必要です。

それに、ただの不眠症と軽く考えていると、実はその背後に重大な病気が潜んでいることもあるからです。

不眠症の原因を明らかにする意味でも、あなたにこの情報がお役に立つことを願っています。


カテゴリー

不眠症の症状
睡眠時間を長く取っていても起きた時の状態が、まだ眠かったり、だるさがあるようでしたら不眠と言えるかもしれません。
不眠症の原因
不眠症治療では、専門医の指導による生活改善と副作用の少ない薬で、速やかに不眠症の改善をすることができます。
不眠症の治療
不眠症治療では、専門医の指導による生活改善と副作用の少ない薬で、速やかに不眠症の改善をすることができます。
不眠症と係わる病気
不眠症を含めた睡眠障害をもたらす様々な病気があります。
不眠症対策ガイド
不眠症原因のひとつでもあるストレス! 日常生活の中で少しでも不眠症の改善・解消のために、いろいろなお助けグッズを利用してみましょう。
睡眠メカニズム
人の睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠のどちらも必要で、眠りに入ると、この2つの状態の睡眠周期を大人は約90分かけて・・・