ライフスタイルに合う液晶テレビの選び方!のTOPに戻る

液晶ディスプレイの歴史

液晶は固体(結晶)と液体との中間的な状態(例えば石鹸水など)である物質で、全体が液体のような流動性を示しながら、なお結晶に似た構造上の規則性をもち、光学的に異方性を示します。

液晶のディスプレイ主要構成材料の液晶は、1888年にオーストリアの植物学者ライニツァーがコレステロールの安息香酸や酢酸エステル化合物から人類初の液晶の存在を発見し、その後、ドイツの物理学者O・レーマンは、結晶に当てる光の方向を変えると屈折率が異なるという複屈折や異方性などの性質を見つけ、この不思議な物質を流れる結晶と位置づけ、後にG・フリーデルによって「液晶:Liquid crystal」と名づけられました。

border=1963年にウェスティングハウス社(米)のファーガソンが液晶を用いたサーモグラフィ(色の変化で物体表面の温度を測定する方法)を考案し、同年にRCA社のウィリアムズが、液晶に電気的な刺激を与えると光の通し方が変化することを発見しました。

その後、1968年にRCA社(米)・デビット・サーフ研究所のハイルマイヤーらのグループが液晶ディスプレイをつくりました。

これが液晶ディスプレイ(LCD=Liquid Crystal Display)の始まりでしたが、しかし、商用として使うには、まだ液晶がディスプレイの材料としては、不安定という問題がありました。

しかしながら、5年後の1973年にシャープより電卓(EL-805)の表示として液晶が世界で初めて応用・製品化されたのです。

さらに、3年後の1976年にグレイ教授(英国ハル大学)によって安定した液晶材料(ビフェニール系)を発見されたことが、現在の液晶ディスプレイ(LCD)材料の基礎となり、液晶ディスプレイの技術は、ここ数年の間に大きな進歩を遂げ、次々と新しい製品が生み出されています。

関連コンテンツ

液晶とプラズマのお得度比較

「液晶」と「プラズマ」のサイズによっては、電気代や価格・機能などにも差があります。 各社の技術開発の努力により改善されてきてはいますが、ご自分の視聴環境合わせて、お得度のあるものを選択してくださいね・・・

液晶とプラズマの長所と短所の比較

「液晶」と「プラズマ」では、発光原理が異なるため、映像の見え方にも長所と短所があります。 それぞれ比較して、自分の生活環境にピッタリなもの選択してくださいね。 【視野角】 ◆液晶(短所:狭い・・・

プラズマテレビの特徴

薄型テレビという点ではプラズマテレビも液晶テレビと同じですが、仕組みがまったく違うので、現状ではプラズマテレビのほうが液晶テレビより大型画面の製品が多いようですが、メーカの開発により液晶テレビの大型化・・・

液晶テレビの特徴

パソコンのディスプレイとしてもおなじの液晶パネルが使われている液晶テレビは、従来のブラウン管テレビと違い、圧倒的に薄型ボディが特徴と言えますね。 それに、以前はかなり高価なものだったが、最近では・・・

プラズマテレビの仕組み

プラズマとは、放電現象のことを言います。 とても小さな蛍光灯がびっしりと一面に敷き詰たような構造になっていて、これらが画素ごとに放電によって発生した紫外線で自ら蛍光体を発光することで、映像が表示・・・

液晶テレビの仕組み

大画面の液晶テレビだけでなく、ノートパソコンやデジタル時計のような小さな液晶パネルも表示の仕組みは同じです。 液晶分子には、電圧を加えることで向きが変わるという性質があります。 この性質を利用・・・