最近ではダーツをゲームや、プロ・アマ競技として楽しむだけでなく、情操教育の一環として中・高等学校の現場でもメンタルなスポーツとして取り上げられ始めているようですよ。

教育スポーツとしてダーツは、自律神経の強化や、大脳皮質に対する刺激、集中力、持続力増強など運動機能の向上に加え、さらにマナーや、躾が身につくなど、幅広い機能向上と効用が図れるのです。

さらに、ダーツは激しい運動と異なり、運動量が多くないので幼児から高齢者まで、生涯スポーツとして気軽に楽しめますし、また障害を持たれている方にも身体の機能回復や、精神面などのリハビリにも役立つと思いますよ。

それに、若者にとってもストレスの解消になりますし、またコミュニケーションの場として、最近ではダーツや、ボードゲームなど、大人の遊びを提供するバーも増えていますので、お気に入りのダーツバーを見つけて思う存分ダーツを楽しんでみるのも良いですよね。

border=
現在、全国のカルチャーセンターや、コミュニティーセンターなどで社団法人日本ダーツ協会の指導員としての資格をもった講師によるダーツ講習会等が開催されているので、ダーツが初めての方でも気軽に参加できる内容もたくさんありますから、あなたも参加されてみては如何でしょう。


カテゴリー

ダーツ◆歴史
ダーツは14世紀頃イギリスで生まれたスポーツで、今やダーツは手軽な娯楽であり、また競技として人気を高め世界中にダーツ愛好者がいます。
ダーツ◆基礎知識
ダーツを楽しむ上で、まずダーツに関する基礎やルール、マナー等の知識をある程度知った上でプレーされると、より一層ダーツの魅力を感じつつ、楽しむことができると思いますよ。 ここでは、ダーツに必要なアイテムやその持ち方やフォーム、ルール、またダーツ用語などを紹介しています。
ダーツの基本的なグリップと投げ方
ダーツ初心者にとって、まず始めに思うことは、ダーツのグリップ(握り方)をどのように握ればよいか? また、それをどのように投げたらよいのか?ダーツを投げる時の立ち方は?・・・・戸惑っていらっしゃるようです。 そこで、基本的なダーツのグリップ・構え方・投げ方・立ち方などを紹介しています。
ダーツの練習ポイント&上達法
ダーツの練習方法にはいろいろありますが、基本的には他のスポーツと同じように反復練習が基本で、常に同じフォームを維持して練習することです。 1・2・3とリズムを取り、1でアドレス、2でテークバック、3でリリースを一定のリズムで繰り返し練習してみましょう。
ダーツで遊ぼう!
ダーツは、年齢・性別を問わず、誰でも気軽に楽しめ、またダーツバーなどでは、ダーツをしながら食事やお酒だって楽しめます。 また、ダーツバーなどに設置されているエレクトロニックダーツの遊び方などを紹介しています。
ダーツ用語
知っていると便利なダーツ用語を紹介しています。