天然素材のオイル馬油(馬の油)」を使ったスキンケア商品が口コミで広がり、多くの方も耳にされたことがあると思います。
border=
馬脂(馬油は商品名)は、自然界に存在する様々な油の中で最もヒトの皮脂に近い天然素材の油である為、火傷や日焼け、虫刺され、しもやけ、しみ、しわ、白髪等に効果があると言われており、この馬脂がなぜ皮膚や体に良いのかは、中国では4000年前、日本では400年も前から証明されていました。

それは、必須脂肪酸とよばれる、皮膚の角質層をみずみずしく保つ不飽和脂肪酸(パルミトオレイン酸・リノール酸・リノレン酸)が多量に馬脂には含まれているので、顔はもちろん手足の皮膚の荒れ等を防いでくれるのです。

現在、肌の手入れ用化粧品だけでなく、シャンプーやコンディショナー、石鹸など、馬脂を色々なものに加工され、販売されています。

そこで、馬油(馬の油)の由来、また日本で初めて開発された馬油や、馬油の効能・効果などを紹介していきますね。



カテゴリー

馬油の歴史
馬脂(馬の油)の薬効は、5〜6世紀頃の中国の医師、陶弘景の著書「名医別録」に馬の油は「髪を生ず」と書かれており、また16世紀頃の中国の医師、李時珍が著した薬物学書「本草綱目」に皮膚に関する馬の油の効果が書き記してありました。
馬油◆特徴と効能・効果
馬油はお肌との相性がとても良い為、馬の脂質主成分「セラミド」が肌の角質層まで浸透し、不足しがちな脂質を補い、お肌の潤いを保つ働きがあります。
馬油の石鹸
馬油石鹸はヒトの皮脂成分に一番近い油脂「馬油素地100%」で作られているので、頭髪から身体までしっとりした洗い上がりで、さらに泡切れがよいのでサッと洗い流せます。
地肌・髪の健康に馬油シャンプー
近年、男女を問わず、多くの若年層に脱毛や薄毛、髪質の傷み等の悩みを抱えている人が急増しています。 馬油のもつ強力な浸透力で皮下組織まで吸収して地肌の表面はサラサラとサッパリさせ、既存のシャンプーでは残りがちな皮脂汚れを落としてくれます。
アトピー性皮膚炎に馬油
馬油は、ヒトの皮脂に近い性質をもつ馬の油「馬油」がを配合されており、アトピー性皮膚疾患の炎症に対して、活性酸素除去作用・抗菌作用・血行促進作用が期待できるのです。